活用・別注製作事例

【納入事例】ペンシルブラスト機 APB-3-LS型(循環吸引式モデル)

ペンシルブラスト機 APB-3型」を納入させて頂きました。

今回納入させて頂きましたのは『循環吸引式モデル』。
『吸引式』ペンシルブラストユニットに、「小型サイクロン」と「専用ホッパー」を組み合わせた、メディア(研削材)を繰り返し使用できる吸引式タイプの上級モデルです。
分級用に「小型サイクロン」を設置する事により、集塵の力でメディア(研削材)を一度全て強制回収して再循環に充てるという原理です。

循環吸引式モデル』で使用可能なメディア(研削材)はF80~F220相当。
但し、組み合わせる集塵装置やメディアの比重・状態次第では、#600程度の研磨微粉の投射でも実績がございます。

1.異物購入対策
キャビネット側に標準装備されているプレフィルター(パンチングプレート)に加えて、ホッパー側にもメッシュフィルターを装着しており、ノズル側に異物が極力混入しないような設計になっております。。

■プレフィルター(キャビネット側)

■メッシュフィルター(ホッパー側)

2.投射制御
通常の「投射圧力制御」のみならず、様々な比重や粒度に対応できるようホッパー下に「空気取込み流量バルブ」を設けております。
調整範囲は微々たるものですが多少の投射濃度調整は可能です。

■投射圧力制御(レギュレーター)

■投射濃度制御(空気取込み流量バルブ)

3.集塵装置
今回組み合わせる集塵装置は、「超小型簡易集塵機 CKU-050-SP型」。
低出力・小風量のモデルですが、集塵対象となる「APB-3型」キャビネット容積が小さいのと、高静圧特性がサイクロンによる流量抵抗に負ける事無く、十分以上の集塵能力を誇っております。

■超小型簡易集塵機 CKU-050-SP型

この「APB-3-LS型」の場合、サイクロンが内蔵されているので粉塵がほとんど集塵装置にいきません。 だから、使い捨てフィルターを採用する「超小型簡易集塵機 CKU-050-SP型」とはパワー面、経済面両方で相性バッチリですよ!

キャビネット内に粉塵の溜まり込みが少なく作業環境も綺麗に保ちますので、研究開発やちょっとした実験用にはとてもお勧めですよ!! 今月だけで2台出ました。も、もしかしてブームの兆し!?(笑) ご興味ございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。

ペンシルブラスト機 APB-3型」に関する情報は下記URLにもございます。 https://www.facebook.com/media/set/?set=a.339444562761238.73626.276774685694893&type=1&l=e3ff7911d3

このページの先頭へ