活用・別注製作事例

【注目商品】ペンシルmini-Ⅱ(吸引式):マイナーチェンジ

このたび、据置型ペンシルブラスト機『ペンシルmini-Ⅱ」をマイナーチェンジしました。

ペンシルmini-Ⅱ(吸引式) APM-2-SN型

今回のマイナーチェンジ対象は、「吸引式」モデルのみとなります。
品番は、「(変更前)APM-2-S型」→「(変更後)「APM-2-SN型」になります。

具体的な仕様変更内容は、ペンシルガンの一新です。
投射安定性、作業性を向上すべく仕様を見直しました。
また、ノズルチップ部品以外の主要材質を真鍮製がらステンレス製とし、真鍮成分を敬遠されている業者業種様にもご使用頂けるように対応致しました。

【ペンシルボディ(ノズルホルダー)】
グリップ径をφ10mm→φ12mmに変更し、従来品より持ちやすくなりました。
また、材質がステンレスですので高級感もありますよ!
また、このペンシルボディは、旧型機(APM-2-S型)にもご使用頂けます。

※旧型機 APM-2-S型のお客様へ:
今後、ペンシルボディの交換部品は、このマイナーチェンジ型部品になります。

ペンシルmini-Ⅱ(吸引式) APM-2-SN型 ペンシルmini-Ⅱ(吸引式) APM-2-SN型

【ノズルチップ】
投射の最適化を目的に、ノズル口径をφ2.0mm→φ1.8mmに変更しました。
口径変更致しましたが、使用性能に大きな違いは無く(若干投射量が増えました)、使用可能メディアも従来品と同様「F80以細」です。
また、このノズルチップは、旧型機(APM-2-S型)にもご使用頂けます。

※旧型機 APM-2-S型のお客様へ:
今後、ノズルチップの交換部品は、このマイナーチェンジ型部品になります。

[旧型]
ノズルチップ(旧型)

[マイナーチェンジ型]
ノズルチップ(マイナーチェンジ型)

また、このノズルチップは、保守(ノズルチップ交換)の観点からも工夫を施しております。
唾の部分を六角形状にすることで、スパナを使用して取り外せるようになりました。
ノズルチップ交換時など、長期間使用したノズルチップはネジ部にメディアが噛み込んで取り外しにくいのですが、スパナを使用できるのでとても簡単に外せますね!
尚、このノズルチップは、近い将来「直圧式(APM-2-D型)」にも導入する予定です。

ノズルチップ(マイナーチェンジ型)

【投射能力(マイナーチェンジ型)】
エントリーモデルとして、また使い勝手がウリのペンシルモデルとして、必要かつ十分な表面処理能力を発揮します。

[事例①:金属(ニッケルクロム合金)の梨地(艶消し)処理]

[事例②:アクリル樹脂に付着した石膏の除去]

据置型ペンシルブラスト機『ペンシルmini-Ⅱ」は、弊社のエントリーモデルとして数多くのお客様にご使用頂いております人気商品です。
今回のマイナーチェンジは、わかりやすく進化を遂げたものと確信いたしております。
指輪程度の大きさのワーク、処理面積へのサンドブラスト処理をお考えの方は是非ご検討下さいませ。

このページの先頭へ