【活用事例】サンドブラスト表面状態比較:アルミナ(白色)・鉄板編

「アルミナの○○番でサンドブラスト処理した場合、表面はどうような感じで仕上がるのですか?」

このようなお問い合わせをよく頂戴致します。

「アルミナだと梨地に仕上がる(ザラザラになる)」
「粒度が荒くなる(品番の数字が小さくなる)とザラツキは大きくなり、逆に粒度が細かくなる(品番の数字が大きくなる)とザラツキは小さくなる」

ことを言葉で説明させていただくことはできますが、実際の仕上がりは言葉だけではイメージしにくいですよね。。。

このたび、サンドブラストの表面状態を少しでもご理解頂ければと思い、アルミナ(白色)でブラスト処理したサンプルボートを製作・写真撮影しました。
写真ではなかなか見づらい点もあるかと思いますが、アルミナ粒度選定の参考情報として頂けましたら幸いです。

研磨条件
・使用メディア:アルミナ(白色)
・材質:冷延鋼板(光沢ありダル仕上・SS400相当品)
・使用装置:小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型
・設定圧力:0.5MPa

表面仕上がり一覧
サンドブラスト表面状態比較:アルミナ(白色)・鉄板編
※クリックすると拡大表示します

各粒度の表面仕上がり状態

WA-46 WA-60 WA-80
サンドブラスト表面状態比較:WA-46・鉄板編 サンドブラスト表面状態比較:WA-60・鉄板編 サンドブラスト表面状態比較:WA-80・鉄板編
WA-100 WA-120 WA-150
サンドブラスト表面状態比較:WA-100・鉄板編 サンドブラスト表面状態比較:WA-120・鉄板編 サンドブラスト表面状態比較:WA-150・鉄板編
WA-180 WA-220
サンドブラスト表面状態比較:WA-180・鉄板編 サンドブラスト表面状態比較:WA-220・鉄板編
※クリックすると拡大表示します

同じ「梨地」といっても、使用番手(品番)によって違いがあることがおわかり頂けるかと思います。
アルミナ(褐色)に比べて、少し明るめに(白っぽく)仕上がっており、この点が「アルミナ(白色)の精密性の高さが出ている」といったところですね。
アルミナ(褐色)の表面状態比較はこちら

アルミナ(白色)は、金属のみならず、ガラスや樹脂のブラストにもお勧めしております。

サンドブラスト処理を行うワーク材質や表面状態、使用装置、設定圧力等で仕上がり状態が違ってきますので、この点にも注意が必要です。

【アルミナ(白色)】
商品紹介ページ:https://akiyama-sangyo.jp/ibmedia_2.html
販売サイト(20kg):〔AMAZON〕〔AXEL(アズワン)
販売サイト(2kg):〔AMAZON〕〔AXEL(アズワン)

今回は「アルミナ(白色)」での表面状態比較ですが、ガラスビーズにつきましても追ってご紹介申し上げますのでお楽しみに!!
アルミナ(褐色)の表面状態比較はこちら

サンドブラストメディアにつきましてご興味がございましたらお気軽にお問い合わせ下さいませ。
研磨テストも随時承っております。

お問い合わせフォーム:https://akiyama-sangyo.jp/cgi/postmail.html
TEL:072-822-6936
FAX:072-822-6936

このページの先頭へ