活用・別注製作事例

【納入事例】ミニバレルⅡ(スピードコントローラー+デジタルタイマー内蔵仕様・別注製作品)

作業台の上にも設置できる世界最小クラスの超小型遠心バレル研磨機「ミニバレルⅡ」。
このコンパクトさと見かけによらない研磨能力の高さにより、おかげさまで多くの業界業種の方々にご愛用頂いております。

このたび、お客様のご要望により「ミニバレルⅡ」の別注仕様品、「スピードコントローラー+デジタルタイマー内蔵仕様」を製作しましたのでご紹介致します。

「スピードコントローラー付仕様」・・・その名の通り、回転数を自由自在に調整できるタイプです。
標準仕様は 50Hz:310RPM・60Hz:370RPM の定速ですが、このモデルは回転数を11RPMから400RPMまで、ダイヤルを回すだけで簡単自由に設定する事ができます。

[回転数の表示]

[運転動画]
※この動画は前作モデルのものです

回転数を自由にコントロールできる事により、変形・打痕が懸念されるワークの研磨や、細かい研磨条件のチューニングに対応できるものとなっております。
これでますます研磨の幅が広がります。

今回制作分より、モータープログラムの見直しを行うことで、従来では安全面で少し懸念の有りました「最高回転数:800RPM」を「400RPM」に抑えることができました。
これで安全性と耐久性の面で性能向上を図ることができました。
『スピードコントローラー内蔵仕様』専用の120W高トルクモーターの装着は従来通りです。

さらに。今回のお客様は極小寸法ワークの微細研磨を秒単位で正確に管理したいとの事。
この為、回転数調整に加えて、タイマーを「ゼンマイ式(標準仕様)」から「デジタルタイマー」に変更いたしました。

[デジタルタイマー]

デジタルタイマー仕様にした場合、制御上「運転ボタン」が必要となりますのでタイマーの上部に増設しました。
時間設定は00分01秒~99秒59秒まで1秒単位で設定変更が可能で、シビアな時間管理が可能。
しかも、前回運転情報をメモリーしますので非常に便利です。
(時間設定幅はタイマー内部設定で変更することも可能です。)

ここまで豪華仕様なのに、見た目は標準仕様とほぼ同じ。
正面パネルからわずかにスピードコントローラーとデジタルタイマーがハミ出ているだけで美しく収まりました。

このページの先頭へ