活用・別注製作事例

【納入事例】小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型(「ペンシルmini-Ⅱ」×2台増設モデル)

小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型」の別注製作モデルを納入させて頂きました。

今回は、「標準のブラストガン」に加えて「ペンシルガン(ペンシルmini-Ⅱ)」を増設したモデルです。
キャビネット側の切換レバーの操作1つで、簡単に「標準のブラストガン」と「ペンシルガン」を使い分ける事ができます。
広い面積に対しては「標準のブラストガン」で、ピンポイントに狙い撃ちしたい場合には「ペンシルガン」、とブラスト処理箇所によってを使い分けられるのが最大の特徴です。

弊社では定番の組み合わせモデルですが、今回はお客様のご要望でなんと「ペンシルガン(ペンシルmini-Ⅱ)」を2本増設!
切換レバーの操作で、簡単に3つのブラストガンを使い分けできるというものです。

「標準のブラストガン」⇔「ペンシルガン」切換レバー:

「ペンシルガン」切換レバー:

ペンシル側のブラストユニットは2つとも「ペンシルmini-Ⅱ(吸引式)」をお選び頂きました。
こちらはフィルタレギュレーターとフットペダルを省略した「ASB-2型対応仕様」。
「圧力調整」と「フットペダルによるON/OFF操作」は「ASB-2型」側で行ないます。

ペンシルタンクは「ASB-2型」のキャビネット下部台に設置できますので、とてもスッキリ収まっています。

「ペンシルガン」で使用したメディアは、「標準のブラストガン」側で循環使用されますので経済的です♪
但し、2つの「ペンシルガン」で別々のメディアをご使用の場合は、「標準のブラストガン」側で循環使用される際に2種類のメディアが混ざります。
(「標準のブラストガン」でさらに別のメディアをご使用でしたら、3種類のメディアが混ざって循環使用されます。)
「標準のブラストガン」でどのような作業を行なうのか、複数のメディアが混ざっても問題無い作業なのか、その点を十分注意して頂く必要がございます。

末長くご愛用頂けることをご期待申し上げます。

このページの先頭へ