活用・別注製作事例

[こんな事してみました]スマホケース、iPadケースにブラストアートしてみました

「弊社デモ機を使って色んなモノにサンドブラストしてみよ~!」ということで、このたびスマホケースとiPadケースに会社ロゴを入れてみました!!

まずは、マスキング製作。
弊社会長お手製の露光機を使って、境界線のしっかりしたマスキングを作ります。
(こちらの露光機は会長の趣味用でして「非売品」でございます。。。あしからず)

サンドブラスト処理

そして水現像してサンドブラストする所に貼り付けたのがたのがこんな感じ。
間違ってブラストされないように、必要に応じて周辺をマスキングテープを使ってさらにマスク処理していきます。

サンドブラスト処理サンドブラスト処理サンドブラスト処理

ポリカーボネイト製の「スマホケース」は比較的模様が出やすく、くっきりと綺麗に仕上がりました

サンドブラスト処理

一方の「iPadケース」の方は素材がゴムに近い弾力性のあるシリコン製のためか、サンドブラスト後のマスキングが少し糊残りしてしまいました~もうやだ~。う~ん、、、残念。
コツを掴めばいけるかもしれませんが、ハードケースの方が相性が良いかもしれませんねぇ。

今回使用したサンドブラスト機は、「小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型」。
「手のひらサイズ」程度の面積のサンドブラスト処理に最適なモデルです。
メディアは「アルミナ(白色) WA-120」を使いました。

今回使用したサンドブラスト機も、「小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型」。 「手のひらサイズ」程度の面積のサンドブラスト処理に最適なモデルです。

小型循環式サンドブラスト機 ASB-2型

いかかでしたでしょうか?
身近なモノをブラストアートすることで、サンドブラストのコトを少しでもご理解頂けるきっかけとなりましたら幸いです。

さ~て、次は何にブラストしてみよっかなぁ~。

<お断り>
弊社はサンドブラスト機、サンドブラスト材料を販売する業者であり、業務としてブラストアートおよび表札加工委託等は一切行なっておりません。 本投稿はあくまでサンドブラストを知って頂く活動としてご案内させて頂いております事を、何卒ご承知おき下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

このページの先頭へ